太陽光発電を設置してから10年後、どのような事が想定されるか・・・


住宅を新築をする場合には太陽光発電システムを搭載すると大きな様々メリットがあります。
一番にあげられるのは、光熱費の節約と余剰電力を売ることによって得られる売電収入というものがあります。
地域や季節などによって増減はありますが、ライフラインの中でも最も重要といわれる電気をタダで使えるというのはとても魅力的なメリットです。
注文住宅 横浜で新築する場合は、屋根に設置するタイプの場合には、設計段階で柱の柱の構造体から検討しますし、修正が無い分お安くできます
また、大規模停電や災害時における電力の確保というのは、命にもかかわる程重要なポイントです。
水道もガスも電気がなければ使う事も出来ない場合が多くあり、日常生活を送る上で、電気のない生活というものは考えられません。

太陽光発電は設置してから10年後に、どのような事が想定されるか紹介します。
太陽光発電システムを導入するさいに、設備の設置費用として多額の初期費用が必要となってきますが、その後もメンテナンスフリーとはいきません、ソーラーパネル自体の耐用年数は20~30年といわれていますが、そこから電気を生み出す「パワーコンディショナー」という装置に関しては10年程で修理、交換が必要になってきます。
経年劣化によって発電量は徐々に落ちてくるので、定期的にメンテナンスが必要になってきます。

10年というと、家電全般でも保証期間が終わり、買い替えや修理が必要になってくる時期ですので、新築時に家具と、太陽光システムを同時に購入した場合には、同じころに電源と電気製品が交換の時期を迎えるということになります。
国の電力政策も変化していくので、10年後にどのようなエネルギーが主力となっているのか、技術の進歩によってどのようなライフスタイルになっているのか考えてみる必要があります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP