相場よりも格安な事故物件や訳あり物件を情報センターで買った購入体験談


事故物件や、訳あり物件と聞くと、自殺をしたあるいは、孤独死のあった部屋などというイメージがあり、非常にマイナスに思う人がいます。
しかし、告知義務のある建物は、何もお部屋であった事故のみに限定されるわけではなく、マンションなどの集合住宅であれば、エントランスなどの共用部分で発生した事故であっても、事故物件や訳あり物件という評価をされます。
しかし、今や洋服やバッグなども傷などがついていて、アウトレットという形態で販売されているものが多いように、建物であっても事故物件や訳あり物件はアウトレットと同じような感覚でとらえることができます。

情報センターではこのような建物を、積極的に会員登録をした人に購入することを紹介したり、訳あり物件などをどのように売却すればよいのか困っている人に対して、売却をサポートするようなサービスを実施しています。
このような事故物件を買った人の購入体験談を読むと、もともと間取りや内装には何の問題もない建物ばかりなので、周りの人よりもかなり格安で物件を買うことができるという点は非常にメリットが高いと考えている人が多いです。
また、お部屋の中で、何か事故があったとしても、リフォームなどをすることで、一新することができるので、気にせずに住むことが可能です。
このように、マイホームの予算もリーズナブルで済ませることのできる事故物件や訳あり物件は、実は掘り出し物がたくさんある分野になります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP