現場で役立つ在庫管理の方法


在庫管理の確率されていない企業では、販売機会を逃してしまう可能性があります。
在庫管理をシステム化しないで、営業を行っていますと、営業マンが商談で受注しても、即座に正確な数字の掲示が行えずに信用を逸する可能性があります。
正確な在庫量を常に把握を行っていないと、適切な運営は行えません。
在庫管理の方法にはいろいろな方法があります。
システム化をする場合には、本格的にICカード等を使って管理する場合と、クラウドサービスを用いて安価に在庫管理を行う方法の2種類があるかと思います。

外注に頼んで本格的にシステム投資をする余裕があるのでしたら、ICカード等を用いて導線分析も導入した本格的な物流システムの構築がいいとは思います。
あまり、予算がないのでしたら、クラウドサービスを用いてタブレット等にバーコードリーダを付加した簡易な在庫管理システムの構築がいいかと思います。
予算はかかりますが、導入しないと、倉庫内が煩雑になりますし、棚卸にも時間が掛かり、適正在庫を把握できずにビジネスチャンスを逸してしまう可能性もあります。
無駄な人員を雇うよりは、在庫管理システム投資に予算をかけたほうが、企業の将来性があるのは間違いありません。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP